未来のことなんて分からないわけだし就職に神経質になる必要もないんじゃない?と思う理由


こんにちは、naffstyleです

この記事を書いているのが4月頭でございますので巷には新卒社会人が溢れていると思います

これから勤める会社はホワイト企業なんだろうか、給料はどうなんだろうか

色々な不安はあるかと思います

はっきり言いますが心配するだけ無駄です

その会社があっているかなんて本人以外の誰にも分かりません

右隣にいる同期にはそれが最高の環境かもしれませんし左隣にいる同期にとっては最悪の環境かもしれません

はたまた環境としては皆共通で最悪と思っていてもスキルアップする場所としては最高という尖った考えを持っている人もいるかもしれません

これから就職活動をされる方にはそこまでナイーブにならないのでいただきたいのです



「ブラック企業」という言葉の難しさ

僕は今でも前に勤めていた会社はブラックだったと思っています

ひとえにブラック企業といっても色々あると思います

「まともな給料が出ない会社」「見かけの給料はいいけど労働時間がえげつない会社」「給料も時間もまともだが人間関係が劣悪な会社」

中には「給料もでないし労働時間もえげつないし人間関係も劣悪」なんて会社もあるでしょう

とはいえブラック企業の尺度なんて人によって違います

僕は無頓着な性格なので人間関係なんて上の空で片付けれる人間ということもあって「人間関係が劣悪な会社」というのはブラック企業の分類にまず入らないなと思っています

なんなら「長いものに巻かれてやる!」くらいに思っています

陰湿なイジメ等に合わなければなんとかなるとも思っています

人によってブラック企業の定義が違うんです

今では福利厚生がしっかりしてる超大手企業は別にしてそれなりにいいとこもあるような企業でさえ働く側の性格、性質に合わなければ「ブラック企業」のレッテルを張られている節があるんです

面接やOB面談でその企業の全てが分かるのか?

就活生は何をもってしてその企業の面接を受けようとするのでしょうか

例えば

「子供のときに思い描いた夢」であったり

「やってみたいこと、挑戦してみたいこと」であったり

はたまた「とにかく良い給料」だったりするかもしれません

就職氷河期の時期であれば「とにかくどこでも」

という理由もあるでしょう

この企業(例えばトヨタに入って)自分が携わった自動車を世に出すんだ!という明確な目標があるならば景気に左右されて思った企業に入れないなんてこともあるかもしれません

ですが漠然と「こんなことやってみたいよなぁ」という状態であるならばまず受けてみて欲しいのです

僕の経験談

僕も元は数学が好きだったので大学時代は統計学や経済学を好んで履修しておりやるならばマーケティングといった仕事をやってみたいなぁと思っていました

いざ就職活動がスタートしてからはそんな思いに反しながらもCM等でよく耳にするBtoCの企業ばかり面接していたのです

募集職がどこも総合職とだけ書かれていてどこに入ればマーケティングのような仕事ができるかが分からなかった、故にどこを面接したらいいのか分からなかったのが大きな理由です

とにかく内定が取れなかったので仮面をかぶって面接に臨んでいたことを覚えています

それでも内定が取れない

時はリーマンショックの真っ只中です

時期のせいにするわけにもいかないのでなんで内定を取れないのか友達に相談していながら「進むべきはBtoCの企業ではないのかもしれない」ということと「そういえば部活の役職柄色んな人と話す機会多かったよな」と思ったのです

大学の部活は各々が役職を担当してその部活を運営していました

僕は主に他の部活の人と接したりOBの人と接する機会が多い役職だったのです

そこで「もしかしたら好きになれるかもしれない」という安直な考えで営業職を志望しました

結果、前の会社を退職して一旦は営業職を離れようとしましたが結局営業職をやっています/span>

本当に営業職が嫌いなのかを考えたときに人と話すこと自体は嫌いに思えなく、むしろ好きだと思ったのです

自分が経験したことがいつ、どのように、どういう形で影響を与えるのかなんて分からないです

僕の場合は「前職はよくない労働環境だったが今はのびのびとやらせてもらってる」わけですので最初の就職活動のとき「ちょっくら営業応募してみっかな~」と思わなければ今の僕はありません

どんな企業であれ「経験」もあれば「学び」もある

僕は前にいた会社は今でもブラック企業と思っていますが入ったことは後悔していません

先の見えない未来から投資をすることに興味を持つこともできましたし営業の楽しさも噛み締めることができました

営業へ応募したのは、いってしまったら「就職氷河期が故の苦し紛れが理由」だったけども結局営業の面白さにどっぷり浸かってしまってます

大事なのはそこで何を得たのか

今あなたはその仕事を通して何を学んでいるでしょうか?

僕は前の職場がクレーム当たり前、報連相ありきの職場だったので「営業のイロハ」を得ただけの職場でしたが今ではそのハードルの高い環境にいれたことが凄くありがたく思えています

会社に勤めることで得る不安なんて

毎月の給料がいくらなのか

だの

退職金はあるのか

だの

お金の面やら環境の面やら人間関係やら転勤はあるのかやら、考え出せばキリがありません

ましてやその会社に入ることで何を学べるのかなんて分かりようがありません

必須資格は業務内容や企業案内である程度分かるかもしれませんが「営業のイロハ」的なところまで教えてくれる職場なのかというのは入ってみないと分かりようがないのでしょうか

ましてや僕の場合は前職のお陰で投資への興味を持つことができたわけですから業務外のこととなると尚更です

僕は思います、大事なのはその企業に入って「何が得られるのかではなくて何を得るのか」

その得れるものが自分の今後に全く役に立たないと思うならばすぐに退職すべきかもしれませんが少しでも役に立つと思うなら3年は続けるべきです

振り返ってみれば僕はなぜブラック企業と思いながら続けていたかというと「得られることが多かったから」なのかなぁと少なからず思っていたのかなぁと感じます

新卒採用崇拝の弊害

日本は「新卒」に対するイメージもよく就職活動には必須条件としている企業も多く見受けられます

働き方が変わって働く人の意識も変わっていく中でいつまでも過去と同じ様な「新卒であれば良い、長く勤めてくれる」という意見を持つことも考えものな気がします

そもそも就職活動の結果が世の中の景気に左右されるなら尚更です

企業がその年に就職に関する費用を割くことが難しい、育成にお金をかけないというだけで優秀な人材であろう人を手放すことは合理的と思えません

そんな環境で就活するあなただから

そんな環境で就活するあなただからこそ思うことがあります。タイトルにもある通り

「未来のことなんて分からないわけだし就職に神経質になる必要もないんじゃない?」

今度入る会社はあなたにとって何も学びのない会社なのでしょうか、果たして真にブラック企業orホワイト企業なのでしょうか

そんなこと実際に入ってみないと分かりませんしいくら面接やOB面談を受けたところで分かるわけもないと僕は思います

もちろん「こういう夢があるからこの会社に入りたい!!」という意欲的な目標は忘れるべきではありません

が、「取り合えず骨をうずめるつもりで頑張ろう」という漠然とした意思しかないのであれば考え方を変えて「この会社では最低こういうところを学んでやるんだ!!」とあなたの成長を第一に考えるべきではないかと僕は思います

まとめ

希望の就職先から内定が出なかった・・・、こんな業種から内定が出なかったらどうしたらいいんだろう・・・

そんな不安とプレッシャーに今にも潰されそうなのが就活生だと思います

ですが例え希望の企業から内定が取れなくても死ぬわけでも親族が死刑になるわけでもありません

なんならあなたが志している業種から永久的に追放を食らうわけでもありません

不安になることは悪くないと思いますが不安になりすぎることはよくないと思うんです

第5志望くらいのところからしか内定がでないなら自分のありのままを伝えてみるのも一つの選択肢なのではないでしょうか

だって企業にとっても新入社員が必要だし採用するからには採用担当者も何か思うところがあって採用するわけなんですから

この記事が就活生にとっての希望と活力になることを望みます