まだブラック企業に勤めて消耗してるの?

社畜の皆様こんにちは

社会人8年目、営業社員の僕です

皆様の会社はどうですか?ぶっちゃけブラック企業ですか?それともホワイト企業ですか?

やりがいとか給料とか色々会社を選ぶ基準あると思いますが大多数の方はホワイト企業に勤めるべき

少なくともブラック企業に勤めるのだけは回避するべきなんです

ちなみに僕はブラック企業勤務で一時期大量の汗と動悸、頭がボーっとする、朝起きてすぐ『会社辞めたい』と呟く、性欲減退なんてことがありました

ブラック企業の定義も色々あると思いますが僕は

労働者が満足できない時間拘束または低賃金とすることでもっている会社

だと思います

それではなんでブラック企業に勤め続けることを回避するのか書いていきます

なんでブラック企業はダメなの?

先ほど書いた「満足してない」というワードが肝心になってくるのかなと

時間拘束が酷い場合、時間拘束はなくても精神負荷が酷い場合、時間はそれなりだけど低賃金で身動きすら取れない場合

といったことが考えられると思います

特に副業もしていない一般的な方の生涯年収はほぼ会社の給料で構成されると思うのですがそこに大きな影響を及ぼすのが問題なんです

時間があれば仕事終わりにバイトなんて選択肢もありますよね

時間があれば資産運用の勉強なんてこともできる

それができないってのが問題ではないかなと

生涯年収だけが幸せの基準じゃなくない?

今のところ生涯年収を幸せ基準にして書きなぐっていましたが生涯年収なんて気にしたくない!

今が幸せならいいんだ!

って人もいるかと思います。

ですが例えば結婚したとき、子供が生まれたとき、老後を迎える時、間違いなく人生にお金の問題って付いてきますよね

今そこにある老後破綻。公的年金頼りの悲惨な現実

こんな話がありました

老齢年金はあるけれど結局支出とのバランスが崩れて生活が苦しい

老齢年金と月平均支出額の差額が▲¥60,000くらいらしいですね

60,000×老後20年×12ヶ月=1440万の赤字ってことです

それを準備するためにもやっぱ副業や資産運用って大事じゃない?

今だけが、とか、未来は分からないし

と根拠無く断定しちゃうのって危険じゃない?

というわけです

とはいえ転職できるか不安

これが僕も一番不安でした

仕事が無かったらどうしようもないですしね

ですので僕はまず

①就職するまでの生活費、引越し資金の準備

②引越し先の住まいの確保

③引越し先での転職先、仕事はどんなのがあるかの確認

この3つを同時に、かつ早いうちから準備することにしました

引越し資金と生活費はそれなりに貯金もできてた+少しだけど退職金もあるのでそれを当てにし、1年前から必要資金の資産をしてました

住まいの確保は実家に戻ると決めていたので両親への確認のみ

引越し先での転職先は退職をする1年近くも前から転職サイトに登録、エージェントに相談したり

DODA

マイナビ転職

ハローワークインタネットサービス

辺りを使ってまずはどんな仕事があるのか職種はどうするか?月給はどうなのか?

を確認していきます

地元だったので友達も何人かいたのでぶっちゃけどれくらいなの?と聞いたりもしました

勇気のいる決断ではあったのですがとにかく今何もしないことが大きなリスク

という考えを念頭に置いて、時間をかけてでも構いませんので動き出すことをオススメします

まとめに

大不況真っ只中ならまだしもあと2年は景気もいいのではという環境下で状況を変えようとしない、これが一番のリスクです

時間拘束はどうなのか、賃金はどうなのか、精神負荷はどうなのかを一度転職できるできないに関わらず分析し

賃金が少ないだけなら夜に内職をする⇒その後資産運用をするといったこともできますし

時間拘束があるだけなら全部使い切らずに貯蓄に回し資産運用をするという選択肢も生まれます

時間拘束も賃金も劣悪な環境ならさっさと見切りをつけましょう

そんなとこいるだけ無駄です

お金が豊かさの原動力になる以上老後や家庭ことを考えて今動き出してはいかがでしょうか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする