地元に帰るか悩んでた僕が実際に帰ってみて感じたこと

こんにちは、naffstyleです

都市と田舎、仕事の選択肢が違うのは言わずもがなかと思います

僕の前職は営業職ではあったのですが業種や内容が都市圏が主な内容だったこともあり就職後数年からは親のこと、いずれ地元に帰ることを考えるとどうしたらいいのだろうかと悩んだものです

結局は転職して地元に帰ることを選んだわけなのですが、環境が変わりすぎることが不安な人も多いかと思います

今回は僕が都会から田舎にUターン転職の選択をして思ったことを書いていこうと思います

僕の県外へ出て行ってからの略歴をざっと書くと

☑県外の大学へ行き都市部にて就職、その後同じ出身の彼女ができ、結婚

☑だけど数年後、このまま都市部が主な仕事を続けていった時、親の介護などどうしたらいいのかを考えたタイミングと

☑会社への不満、精神衛生面的にギブアップのタイミングが重なってUターン転職を決意

☑しばらく無職期を得て転職完了

といった略歴です



思ったメリットを羅列していきます

過去の僕は、Uターン転職することは、とにかく不安だったのですがあれやこれやメリット、デメリットについて思うことがあったので羅列していきます

まずはメリットから

住み慣れているのでなんだかんだ心地いい

地元でずっと生活しているので懐かしい気持ちにもなりますし地元に残っている同級生もいるので、大学の友達や社会人になってからは話ができないことも話ができる気楽さがあります

ふとした時に戯言がてら話ができるというのは心強いです

時間の流れ方が合っている

もちろん仕事にもよる部分があるかと思いますが、中都市の時間の流れ方と田舎の時間の流れ方、大きく違うように思いました

簡単な例を挙げるとすれば田舎だと車必須なので忘年会や月の飲み会なども断りやすかったです

都会では半ば強制で付き合わなければいけなかった夜の飲み会も、田舎では断れるようになれたわけです

時間とはあまり関係ない素朴な部分が原因となって結果、「時間の流れ方が違うなぁ」と思わせられた印象があります

親がいるので頼りやすかった

私自身現時点、実家に住むことで実家に住むメリットを受けて生活しています

具体的に書くと

①実家に住んでいるので家賃が必要ない 

②生活費として渡してはいるが食費が合理的に抑えられる

などがあります

例えば家賃が¥50,000/月だとすると年間で¥600,000の節約に相当します

親との同居に躊躇う人もいるかと思いますが現実的にこう書くと考え直す人もいるのではないかと思います

ネット通販が進化してるので服であろうと凄く困るなんてことはない

Amazonを始めネット通販の進歩、進化は目を見張るものがあります

数十年後はVR技術などの活用でその場にいなくても『賃貸部屋の選定』やら『服を着た際の着丈感』やら、かつて実際に実物を見ないとできなかったこともいずれはネットを通じてできるようになるのではないのでしょうか

僕が都会に出た時は『田舎だと手に入らない物ってあるからなぁ』と思っていた物も今ではネット上で買えるようになりました

上記のテクノロジーの進歩でもっともっと以前はその場にいないと判断できなかったこともネットのデータ通信で判断できるようになる時代が来る可能性が高いと思います

それと同時に田舎と都市にあった地域格差も少しずつ解消されていくのではないでしょうか

帰省にお金がかからない

僕の場合故郷が降雪地帯だったので子供が生まれてからというもの車で帰るわけにもいかず、GW・盆休みに帰ってたわけですがたった2回でも家族4人の往復公共交通機関の代金は馬鹿になりません

”故郷に久しく帰ってない”なんて人は関係ない話ですが、自分と奥さんの故郷が離れていて帰郷の支出がバカにならない人にとっては助かる話なのではないのでしょうか

とはいえデメリットもある

先程までは良い面だけを挙げてきましたがもちろんデメリットに感じたところもあります

まずは

求人が多いわけでないので業種や年収など制限される

こちらです

以前も何回か書いたことがありますが田舎へUターンするとなると、どうしても求人が少ないので自分の要望と求人内容がマッチしない可能性があります

僕のように営業から離れたかったのですが熟考した結果、年収や仕事内容などを踏まえたら営業しか選択肢が無かった!

なんてことも有り得ます

Uターン転職するにあたっては間違いなく考慮すべきではないかと思います

飲みに行くときなど交通の便が悪い

田舎なのでどうしても交通の便が悪いです

会社の同期が電車で20分くらいのところの支店にいるのですが夜は電車の本数も少ないし、なかなか飲んで最終電車に乗ってそこから歩いて家に帰って・・・なんてことができません

車で行けばいいけどそうしちゃうとお酒飲めないし・・・・と思うとその点、都会だと交通機関の本数も多く『都会の都市部で飲んで終電で帰る』なんてこともできるので今ではそんな生活が恋しく思います

子供が大きくなったときに県外へ出ていくのかといううっすらとした不安

僕が県外の大学へ出て、都市部で就職して一時期は帰る予定もなかったわけですので自分の子供もいずれはそういう選択を取る可能性が十分にあると思うと少し複雑です

もちろん親としては子供が決めた道を応援してやるべきなのですが自分の老後がどうなるのか、誰に頼むのかなどうっすらとした不安があります

今から心配してもしょうがないですがだからこそ老後に対する備えに過敏にならざるを得ません

まとめ

Uターン就職ならまだしもUターン”転職”考えることも更に多く不安に思うことも多いと思います

仕事探しも給料が少ないという理由だけであれば副業がしやすい時代であることは間違いないのでそこまで含めて検討する価値はありそうです

買い物に関してもインターネットの普及によりよほどの物以外は大体取り寄せできるようになりました

唯一消費行動でできないのは体験に関してでしょうか

それ以外は大抵ネットによって消費行動できてしまいます

今後もインターネットでできることは増えていき、田舎といえど働き方も変わっていくことだと思います

Uターン転職はなんだかんだメリット、デメリットあると思いますので決定に際して少しでも参考になれば幸いです!