今年度の株取引履歴

こんにちは、naffstyleです

前述の通り私は低リスクとしての学資保険、個人年金に加えて中リスクの投資信託、そして高リスクの株式投資にて資産運用を行っています

株式投資に関しては自分の考え、運用方法がもろに結果に出てくるわけですので今年度の運用成績を晒していこうと思います



くっそ損した一年でした

結論から述べるととにかく損した一年でした

僕の運用方針は小型、中型のグロース新高値株式会社、特にビッグチェンジ銘柄全力といった感じです

今年の運用結果がこちら

ね?くっそ損してるでしょ?

ファンダメンタル重視だろうが損切りってやっぱ必要

今年の損の殆どの要因は4317 レイに信用分全力でぶっこんでたことが原因だと思っています

損切りができない人間が信用2階建てなんて早かれ遅かれ退場してるってしみじみと実感します

当時の僕はストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)を読破したばかりで

やっぱ企業に絶対的優位があればファンダに好影響を与えるんやなぁ


今思えば凄く短絡的な考えでおりまして

それが結果大損へ繋がる要因になったのでした

僕が考えた成長戦略

当時4317 レイはテレビ朝日との資本業務提携を発表しました

その同時期にフィル・カンパニーが郵政との資本業務提携を発表

PER60弱と一気にその資本業務提携を織り込む形で株価が推移していきました

まず僕はテレビ朝日との資本業務提携を発表したことからこのフィル・カンパニーのPERを参考にEPS28.4×50=1,420~1,700程度までは十分ありえると考え更にテレビ朝日の決算説明資料から資本提携⇒子会社化の流れが強いことを知りました

それを踏まえたら先程の1,420なんて下限値と考えてしまったわけです

もっと言えばテレビ朝日はAbemaTVやSummerStationなど、インターネット、イベント方面への投資を進めていくと発表していたから4317 レイとの資本提携は至極真っ当で合理的に思えたのです

そんな背景もありながら僕は4317 レイもフィル・カンパニーと同じ道を歩むと思わざるを得なかったのです・・・・

上がらないときは上がらない

どんなに自分にとって道理的な成長ストーリーがあろうと本当に上がるかなんてその業種に近い人間のほうがその事情に詳しいわけで

勝手に自分が「PER60になる!」と考えてもその考えがずれていたら上がるわけがないし株価が上がらないなら損切りをするべきでした

だけど前述のそれなりに真っ当で納得のいく成長ストーリーがあったので損切りをしようとしなかったんです

結果、上記の結果になったというわけなんですなぁ~

今年の反省

とにかく一銘柄で致命的な損を出さざるを得ない状況に追い込まれてしまうというのはよくないと思います

損は損で甘んじて受け入れるべきでした

それを躊躇したために信用分含めて損切りするかどうか悩んでしまった結果に繋がったのだと思います

来年の抱負

今年の末から株式市場は大荒れの様相をていしています

成長株も不安感から売られて結果損切りせざるを得ない状況に追い込まれるなど来年もとにかく波乱の株式市場が予想されます

だからこそ来年は新高値をつける銘柄は珍しくなるわけですからしっかりと銘柄選定、ビッグチェンジ銘柄選定をして何より損切りせざるを得ないときは躊躇泣く損切りしてきたいです

まぁ、なんだかんだ

まぁ、なんだかんだ昨年儲けた分が全部吹っ飛んだだけで済みよかったです

家族がいるので、いくらリターンのためリスクをとっていかないとはいえど、心臓に悪いポジションを張るべきではありませんでした

今年はとにかく退場せず細く長く株式投資ができるよう切磋琢磨していきたいです