鬱に筋トレは効果的なのか考える

こんにちは、naffstyleです

こんな画像を見たことがないでしょうか?

当時仕事が辛く、仕事の悩みで頭が一杯だった僕はこう思いました

マジか!!筋トレするしかないやん!!


果たして効果があったのでしょうか・・・・?



僕にはイマイチだった

多分幾分かは効果があるんだと思います

筋トレとテストステロンの関係性なんて俺のちっぽけな人生より多くの人が関与していて研究されているんでしょうし

少しばかり前向きになれたのも事実です

ですが、結局のところ憂鬱にさせている根幹はそのままなので完全に前向きになるまではいきませんでした

いくらザンギエフのような筋肉を手に入れても上司を殴れば傷害罪だし〇せば殺人罪になります

それじゃあ結局状況って変わらないじゃんってわけです

じゃあ、憂鬱な気分を晴らす方法は?

科学的にも証明されている筋トレが効果ないならば何をしたらいいんでしょうか?

さっきも書いたように鬱に対しての筋トレの効果を否定するわけではありませんが法律まで関係してくるとそんな簡単でないことが分かりました

待てよ?それならこっちも法律を味方にすればいいんじゃないか?!


僕が考える最適な上司対策

そうなんです、なんだかんだ法治国家の日本だから法律を味方にするのが一番いいんです

僕も退職前に上司から色々嫌がらせがありました

もちろん筋トレをして上司を殺〇うともしましたが何だかんだいざ冷静になると何も出来ないんですよね

その時にやっていればよかったorやっていてよかったことを書いていきます

ボイスレコーダーで録音する

日頃パワハラや暴言を言われており精神的に辛いのであれば音声を録音したほうがいいです

ボイスレコーダーで録音さえしていれば

はい、暴言あざーすw


とむしろもっと暴言を言ってくれという謎の感情さえ芽生えるのではないでしょうか

僕は退職の意向を伝えてから日に日に嫌がらせが酷くなりました

ボイスレコーダーは持っていたのですが、嫌がらせを受けてる時の音声などを録音できずに終わってしまったのですごく後悔したのを覚えています

いざボイスレコーダーなどが見つかると余計に話がややこしくなりそうだし使いどころが難しいかとは思いますが間違いなく上司を社会的に〇せる武器になるのでやってみる価値はありそうです

残業証拠レコーダーを記録する

日頃サービス残業をさせられているという人は残業レコーダーをつけてみるのはいかがでしょうか

上司を社会的に〇すことはできないかもしれませんが、愛想が尽きた会社に対して今まで請求できるのに周りの目を気にして請求できなかったお金を最後っ屁に請求することができるというのはありがたいのではないでしょうか

僕は遊び半分でこれをつけていたので上司からの嫌がらせを受けた時に

なんでそこまで言われなあかんのや・・・・


そうだ、最悪出るとこ出て残業代追加でもらったろw


と開き直ることができ凄く心強かったです

日誌をつける

日頃どんなことをされたという記録をつけることも大事なのではないでしょうか

部外者からもパワハラを受けてることが明らかな証拠も取っておくとなおいいと思います

他のサイトを参照しても抽象的でなく具体的で、客観的であればOKというように書いてありますがいざ、証拠として提出するなら第三者の支援はあてにせずとも大丈夫な証拠があるべきです

どれかがあると凄く心強い

上に上げた3つの証拠はいずれもブラック企業やパワハラ上司と戦う為の武器になります

ただ録音、録画をすればいいとか日記をつければいいというものではなくいざという時に会社や上司を相手取り損害賠償を請求できるレベルの証拠を集めましょう

残業証拠レコーダーアプリをインストールするだけで済みますし、いざという時に上司に対して強気になれるという意味でも「今は会社に損害賠償を請求するほどではないけど・・・・」って人でも取りあえずはやってみる価値あると思います!

まとめ

僕の場合は退職の意向を伝えてから会社への想いも180°変わってしまいました

サービス残業がありはしましたが、それなりに恩も感じていたので全ての残業代の請求をしようとも思ったことはありませんでした

残業証拠レコーダーをインストールした理由もただの気まぐれで何となくです

ですが退職の意向を伝えてからの上司の嫌がらせが凄く退職するのも辞めようとしたときに思い出したのがコイツでした

思い出してからの自分は最悪出るとこ出て残業代の未払い分全部請求してやると吹っ切れれたのを覚えています

というように筋トレではいくら科学的に前向きになるとはいえなかなかそうもいかないので結局は法律を味方につけて上司といくらでも戦えるような証拠を持っておくと超前向きになれるよって話でした