みなし残業がクソなのはどうしようもないので対策を考えよう

こんにちは、naffstyleです

皆様は『みなし残業』という言葉をご存知でしょうか

というかまぁ、ほとんどの方が知っておられると思いますが一応どういう制度なのか外部リンクを載せておきます

経験をした上で言わせていただきます。僕はこの『みなし残業制度』は、はっきりいってクソだと思っています

転職の際に、この言葉が入っているだけでどんな待遇だろうが見送りを検討したほうがいいとさえも思っています

この記事ではみなし残業について僕が思うことを書いていこうと思います



みなし残業がクソは周知の事実

上に書いたリンク先にこのように載っています

例えば「月20時間の固定残業代4万円」が設定されていて、
●実際に月の残業時間が20時間を超えない場合でも、4万円支給
●実際に月の残業時間が20時間を超えた場合は、固定4万円に加えて超過分を別途支給
となります。

要は恒常的に残業が発生するのであらかじめ給料の一部に組み入れて支給しますよっていう制度なんですね

みなし残業制度はサービス残業の温床

みなし残業ってクソです

それは『定められた時間を超えた分は請求できる』というルールが破綻しているケースが多すぎることにあります

要するにサービス残業の温床にしかなっていないということです

法的には定められた残業時間を超える超過分は請求できて当たり前なのですが、ブラック企業は『みなし残業をつけている(か、〇〇手当をつけているから)残業代は請求できない』なんてことを平気でいってきます

『みなし残業』でgoogle検索してみたら真っ先に『ブラック』って出てきますよね

全国的に見てもみなし残業が原因になっているサービス残業が黙認されている現状、みなし残業=ブラックというのは仕方ないところまで来ているのかもしれません

みなし残業制度を逆手に取ってしまう

分かりました!

ネットで調べても色んな人に聞いてもみなし残業=クソ、ブラックってのは痛いほど分かりました!

そんなことは他の記事にも書いてあります

ただどんなにブラックと叫んでも現状が変わるわけでもないし転職も簡単にできるもんでもないしどうしたらいいんでしょ?

無茶苦茶と思うかもしれないがこうしてみてはどうだろう

僕が前に勤めていた会社のことを前提にして話をしてみますが結局みなし残業としていた理由って営業の責任を大きくしたために、何もかもせざるを得なくなり、結果として営業の残業が当たり前になっていたからだったんですね

営業の責任を大きくした理由は色々あると思いますが一つは

①利益を追求しようとした際に営業に責任があったほうが都合がよかった

更には

②常に人手不足に悩まされているので営業の責任を重くして自分自身で後始末させるようにした

という理由ではないかと思います

というように人手不足や人件費圧縮が理由でみなし残業にしているってところがほとんどなのではないでしょうか

ただでさえそんな理不尽な理由で導入されてるわけですから『論理性』や『理屈』を求めてもまともな答えは返ってきません

「んな無茶な」と思われるかもしれませんがこうしてみてはいかがでしょう?

超過分は思いっきり請求してみる

これから書くのはいずれも企業側と半分喧嘩するような提案ばかりです

まず一つめは「超過した残業代をしっかり請求する」です

上記の通り超過分の残業代は請求できるとあります

みなし残業代をつけている(〇〇手当をつけている)から残業代の請求はできないぞ


という屁理屈には「その理屈はおかしいです」と言っちゃいます

ただそのままいうと角が立つので白々しく

いやー?みなし残業があっても請求できるって聞いたことありますけどね?総務部に聞いてみて貰えないですか?

と言っちゃいましょう

仕事量を減らしてもらう

いやいや、そんなこと言えるわけないでしょ!

その意見分かります!

僕も同じ立場ならこの意見を突き通せないかもしれません

ただ向こうの屁理屈に戦うわけなので厳しい戦いになることは御了承頂きたい!

真っ向から戦うのが怖いならば「精神的に参っているので仕事量を減らしてもらいたい」と伝えるのはどうでしょうか

伝えるのが嫌ならば勝手に仕事量を減らしてしまうというのも手ではないかと思います

僕の場合、前職は受注を取ると案件の対応で仕事量が増えるという特徴があったので、サービス残業が一時酷くなってからは意図的に受注ペースを落としていました

上司から仕事を振られても「これに手を取られていて対応が難しいです」と言い切っちゃいました

できるとこまでやったら見切りをつけて帰る

「対応が難しい」とまで言っているのに押し付けてきたらそれはもう上司の管理不行き届きです

超過分も支払わないし仕事量を調整もしてくれないのであれば定めにある残業時間を超過したら帰っちゃいましょう

何度も言います

「そんなことできない!」という気持ちはわかりますが屁理屈と戦うから仲良く折り合いつけてなんてできません

やることやってんだから帰りましょう

間違いなく出世できなくなる

とまぁ今の会社の状況に納得いかないなら「転職をする」「会社の状況を変える」のどちらかになってしまうので上のように無茶苦茶なことをしてみるしかなくなっちゃうのはしょうがないことです。だよね?

こんなこと言ったら、恐らくその会社での出世の道というのは閉ざされてしまうかと思います

とはいえみなし残業のメリットを十分に活かせる

とはいえみなし残業のメリットとして”業務を効率よく行えばみなし残業代が給料の上乗せとしてもらえる”ということなので仕事量を調整したらみなし残業のメリットを最大に活かせることになります

もちろん会社に良い顔をしたくなる気持ちは痛いほど分かりますがサービス残業を頑張っても企業にとっては「都合の良いコマ」としか思ってないです

みなし残業のメリットを活かせる環境づくりに注力しましょう

まとめ

みなし残業がブラック企業の特徴というのは致し方ないと書きましたが中には本来の目的にあった形で活用している企業もあります業務の効率化を図る目的で導入している企業もあるかと思うんです

それを一緒くたにして「ブラック企業の特徴」と書いてしまうのはそんな企業に申し訳なく思うし就職・転職をする人に誤解を与えてしまう可能性もあると思います

とはいえどう考えても間違った目的で活用している企業が多すぎるというのも事実です

また、「みなし残業が原因でサービス残業が横行しているが家族もいてすぐすぐ転職できない」という人もおられると思います

いずれにしても自分から行動を起こさないことには状況、環境は変わらないので開き直ってみるのも一つの手ではないかと思います!