自分が鬱になったらこれをしよう!

こんにちは、naffstyleです

以前鬱に関して色々書きました

こんにちは、naffstyleです 皆さんは鬱ってどんな印象でしょうか 「辛そう」とか「甘え」とか「落ち込むの延長線上」...

ネットに色々情報が置いてあるとはいえ、いざ自分が鬱と思われる症状に見舞われたときにどうしていいか分からないというのが正直なところではないかと思います

もちろんすぐに精神科に駆け込んで欲しいのは山々ですが中々そうもいかないですよね



精神的に参った時、体調に支障をきたした

どんな異常が体に現れたかは上の記事に書いてあるので割愛します

普通に生活してたら絶対に出ないような症状が出ました

普通に生活していたら出ない症状が出ているわけだからやっぱり鬱って心の病気だと思うわけです

そんな状況なので、前のように友達とお酒飲んで買い物いってというわけにもいきませんでした

そんな状況で心が折れないために何をしていたかを書いていきます

精神的に辛いとき何をしていたか

とにかく寝た

「とにかく寝たという」より「寝てしまった」のほうが正しいかもしれません

よっぽど打ち込めている趣味があれば『そこに時間を費やして仕事のことを忘れる』なんてことができるかもしれませんが僕にはそんな趣味がありませんでした

唯一とあるYoutuberの雑談を聞いているときはケラケラ笑うことができたので時間があったらその人の動画を見ていました

途中からは大好きなお酒を飲むことも辛くなって、寝る時間に費やしていたので本能が睡眠を欲していたのだと思います

鬱に関するまとめ記事を読んだ

先程とにかく寝たと書きましたが常に布団に入りながらYoutubeを見ていたかというとそういうわけでもなくてまとめサイトもよく見ていました

んでやっぱり目につくんです

『俺も鬱になりまして』みたいなタイトルの記事

特に『仕事でやらかして鬱になっている』とか『仕事が原因で鬱になった』なんてのは「自分だけじゃないんだな」と凄く親近感を覚えて、気持ちが和らぐような感覚になったこともありしょっちゅう見ていました

実際調べてみると、鬱では「薬の服用」よりも「同じ境遇の人との情報交換が大事だ」と出るので自分がやっていたこともある意味本能的なことなのかもしれません

『鬱 同じ境遇 情報交換』

で調べていただいたらより詳しく出てきます

余裕があるときはお酒を飲んだ

これは賛否両論だと思います

自分自身必ず良いとも思っていません

とはいえ、いつもは寝てあっという間に過ぎていた時間を、ゆったりと過ごすことができましたし好きな音楽を聴くこともできました

時には「これをしてみたい!」と衝動的に一人旅の計画を立て、行動に移したこともありました

そういう意味では悪影響もあるかもしれないけど良くないものと決め付けて完全に距離を置いてしまうのも如何なものかと思います

時間があるときは子供に会いにいった

心に変化が現れたのも実は単身赴任が重なって家族と離れた時でした

家族のために頑張っているんだというのは分かってはいるけどいざ近くにいないと実感がわかないもんです

なので休みの日には車を走らせて地元まで子供に会いに行ってました

往復の高速代やガソリン代、その他の経費も含めたら安くはありませんでしたしすぐの距離でもなかったのですが子供達と会えると思うと楽しいドライブでしかありませんでした

とはいえ根本的な解決策になってない

っと自分の体調が悪くなったときにした”4つの鬱対策”を書きました

が、これってあくまでも応急処置でしかないと思ってます

大量出血した患者にその場にあったタオルで傷口を押さえて何とか失血しないように止血しているイメージです

その場しのぎといってもいいでしょう

そうです、根本的な解決になっていないんです

ですので本当にやってほしいことはこれです

鬱の原因を分析し、環境を変える

鬱は、殆どの人が状況や環境によるものではないでしょうか

僕の場合、主に仕事が原因となり逃げ場や失敗できないという強迫観念から常に心が休まらない気分に陥り、今まではギリギリのところで保っていた平常心を保てなくなったというのが大きな原因でした

そんな状況で上の4つを実践してもすっきり回復する、なんてことはやっぱり無かったんですよね

本当に解決するためにはやはり根本から変えるためにも自分を陥れてる張本人は何なのか冷静に分析してそこを変えるしかないと思っています

まとめ:根本を根絶したら

一度なった鬱という症状はなかなかすぐに回復するものでもありません

僕も根本を解決するべく『退職』という選択肢を取ってから、その話がうまく進まず更に頭を悩ませた。なんてこともあります

ですがうわべの対策でなく、根本を解決するための対処をしたならば、それこそ欝が回復していくのも時間の問題だと思います

辛くなったら上記に挙げた4つのことをしていきながら心が折れないよう頑張って、更に自分を苦しめている原因は何なのか根本を探っていくとより良いワークライフになるのではないかと思います!