営業がうまくいかない時にやってること


こんにちは、naffstyleです

営業ってキツイ仕事ですよね、凄く分かります

頑張ってるのにお客さんから怒られたり、社内の人間は反発してきた時に「なんだこの仕事」って思うことも多いかと思います

でも、お客さんに納得して頂いて導入できた時って気持ちいいんですよねぇ

そんな酸いも甘いもある営業職で、うまくいかない時に僕がやっていることを書いていこうと思います

営業がうまくいないってどんな時?

僕が思う営業がうまくいかない時ってどんな瞬間かなと分析してみました

ひとえに『数字が確保できない、受注できない』といっても下記のような種類に分けることができるのではないかと思います

お客様ありきで自分とお客様のタイミングが合わない

営業職という仕事が故、やはりお客様のことを最優先しないといけません

例え自分の中でその瞬間が最高のタイミングと思っていても、お客様の中ではもう少し先でもいいなら”なぜ自分が最高のタイミングと思うのか”を話してでも落としどころを見つけなければなりません

でもお客様の中でそれが最優先事項に上がらなければその時点でどんなに立派な理由があっても二の次になってしまうんです

内情的に今月成約頂きたくてもどうしても来月になってしまうことがあります

見込みらしい見込みが見つからない

声に出しては言えないけど

『なんで俺の担当するお客さんク○みたいなお客さんしかおらんのや!!』

とか

『俺の担当するエリア、見込みらしい見込みおらんやろ!!』

とか思われたことありませんか?

僕は正直あります

人間ですので楽できるものなら楽に数字が挙がるほうを求めてしまいますよね

お客様との相性が合わない

営業職といえど人間ですので結構頻繁に人間性が合致しない人がお客様になってしまうことがあります

どんなにニーズやウォンツがあってもそれだけで受注、成約を頂けなくなりうる十分すぎる理由になってしまいます

そんな時何をするか

お客様とのタイミングが合わない⇒他の案件もコマを進めた上で諦める

せっかくこちらを向いてくれているのに相手の状況を無視してごり押すのはほとんどの場合いい方向に働きません

もちろん自分が今が最高だと思う瞬間だと思う理由を述べる必要がありますし、時には大きく盛ってでも話す必要があるかと思います

それでも決断してくれないようならどうするんでしょうか?

相手の印鑑を奪い取って書類に押しますか?

それは今後のことを考えるとオススメしません

「お客様に誠意を見せているのだ」と割り切って諦めましょう

見込みが見つからない⇒大きい、小さいを気にしない

前職で思い知らされたことがありまして僕が自分勝手に「このお客さんは大きくないし後回しでOK」と決め付けていましたが「まぁ、時間あるし行くか」と通う内に凄く小さい案件を頂きまして

その後もアフターフォローをしっかりと対応していたら次が特殊な発注形態でそのお客様が窓口の大きい案件を頂いたみたいなことがありました

つまり自分勝手に物差しで計っていた結果実際に返ってきた成果は想像しているものの二倍も三倍も大きいものになったんです

分かります「こんな小さいとこいく必要ねー!」と思うその気持ち!

でもそれが本当に小さいか、もっと言えば「自分には大きすぎるから・・・・」と萎縮して諦めるお客様かなんて実際に行ってみないとわからないもんです

お客様と合わない⇒自分を出しすぎるのはNGだけど殺しすぎるのもNG

性格が合わない人とはどう付き合ったらいいんでしょうか

僕は小学生・中学生の時に「こいつ、いちいちうっせぇ奴だな」と思っても、性格が合わない人に対してはあえて懐に入り込もうとするというアプローチを取りました

自分が思っているほど相手は”合わない”ことを意識してないし一度懐に入り込まれたら人間、情が沸くんでしょうね

じゃあ、ビジネスの世界ではどうすれば正解なのでしょうか?

僕は合わないものは合わないで仕方ないので変に仲良くなろうとするのでなく伝えたいことを明確にしてとにかく伝えることに徹すればいいのではないかと思います

だって「なぜその人と話すのか」はあくまでも「ビジネスだから」なわけですし

けどうまくいかない時に一番することは『神頼み』

っと先程までダラダラ書いておいて「お前今更何を言う」と思われそうだけど一番する機会が多いのは『神頼み』です

やっぱこれですよね

もうどうしようもないことも多いし、どんなに割り切っても割り切れないことも多いし最終的にこうすることがやっぱり多いです

みんなもつべこべ考えず全力で有名なパワースポットにお参りに行って神々の力を貰ってくるといいかと思います

まとめ

参考になりましたか?

しかし神頼みが本当に効果があるのかはさておきそこまでせざるを得ないくらいに頭が一杯なら自分の中で打開策や展開を考えれてそれは間違いなく営業という仕事に好影響を与えるのではないかと思います

お客様がいるがゆえに難しい仕事でもありますし、楽しい仕事でもありますよね

それが営業という仕事なのだと思います

皆様が息詰まったときに少しでも参考になりますように