僕が資産運用を始めた理由


こんにちは、naffstyleです

2018年9月27日、こんなニュースが飛び込んできました

アベノミクスが始まってからは、日経平均も好調のため株式運用が好調な方も多いかと思います

そんな僕も2015年から資産運用をスタートさせました

現状は大幅にプラスというわけでもありませんが、今後長期的な目線でプラスになるように頑張ってます

そんな僕が資産運用をするに至った経緯を書いていこうと思います

この記事を書く理由

資産運用を始めたきっかけ

僕は元々資産運用とは無縁な家庭環境で、むしろギャンブルに近いものだと教えられてきました

大学のときの就職活動でも特に夢や、やりたいこともなかったので誠実に働いて給料を稼いで結婚して子供が生まれて老後を楽しむんだろうな

と思って生きてきたのですがある日気になることを耳にしました

それは僕の上司でいつも朝早くから夜遅くまで仕事をして、土日も関係なく自主的に出勤しているTさん

そんなTさんの年収が年代平均年収以下だったんです

前職も営業職だったのですが、僕はあの人のような人がスーパー営業マンだと断言できます

あんだけやって平均年収以下って俺には無理やろ・・・・

これは妥協とか甘えたわけでなくてあんな風に命を削って働きたくない願望のような感情でした

そこから生涯年収がどれくらいでどのようにすれば生涯年収が増えるかといったことを意識しだしたのです

誰かの参考になれば本望

ただその時僕は資産運用に関して相談や意見交換をできる人がおらず、とにかく本を読んで自分としての考えを形成せざるを得ませんでした

これってやはり大変なんです

特に30代、妻子持ちの資産運用なんてリスクを取れない

twitterの株クラ界隈なんてリターン500%なんてザラにいてこれでいいんだろうかと思うこともしばしばありました

そんな中で、これから資産運用を始める誰かの参考になれれば本望というのが今回の記事を書く理由です

僕も特に株式投資に関しては、利益が出たり損したり、スケベ心が沸いて、失敗しての連続ですのであくまで参考と考えていただければ幸いです

30代既婚男性のポートフォリオ

【運用資産】
1:生命保険
1-1:学資保険 ¥13,000
1-2:個人年金保険 ¥11,592
2:投資信託 各毎月¥10,000積立(ボーナス月¥30,000)
2-1:セゾン投信 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
2-2:レオスキャピタル ひふみ投信
3:株式投資 運用原資100万スタート

といった感じです
ほとんどを2015年に始めていて、ひふみ投信だけ最近始めました

30代既婚子持ち、ということでとにかくリスク分散を考えました

経験・知識があればリターンの大きい株式投資に全部ぶっこめばいいですが、妻子がいる身ですので失敗して未来のお金が全く無いなんてことは避けたいな

ということで

(低リスク)確実な生命保険

(中リスク)やや不安定だが時間を味方につけて安定させれる投資信託

(高リスク)試行錯誤しながらにはなるが大きいリターンを狙える株式投資

というように各投資法を3つのリスクに分けました

唯一の欠点があるとしたらおよそ¥50,000が毎月資産運用に回されるので収入がないと結構カツカツです

ただ、特に投資信託は時間を味方につけて、複利の力を活かせるようにできるのではと考えております

なぜひふみ投信を追加で始めたのか、セゾン投信を選んだのか
そもそもなんで投信を続けようと決めたのかはまた別の記事で書いていこうと思います

今のところ

今のところこんな感じです

好調な株式市場のお陰もあって若干プラス

生命保険に関しては運用成果は固定されてますので省略し、株式投資に関してはまた記事を書きます

この投資信託に関してはよっぽどの理由が無い限りとにかく長期的な目線で運用し続けて老後資金として、学資原資となってくれればいいなと思ってます

とりあえずまとめ

厚生年金も今後どうなるか分からない中を生きている30代男性の皆様、生涯年収かどれくらいか決まっていたら後は支出を減らすしか選択肢がありません

支出を減らすといっても限度があるのではないでしょうか

ですので僕は起業、副業や資産運用をして生涯年収を増やすことを強くオススメします

65歳になり退職金を貰って慌てて資産運用を考えるのでなく、余裕を持って未来について考えれる時間がある今だからこそスタートして欲しいと思います