退職代行に思うこと

皆様こんにちは、naffstyleです

私、一度退職をしているのですがそれ故に凄く気になるニュースがありました

僕はこの退職代行というサービスは企業側、利用者、双方にメリットがある凄く良いサービスだと思います

その理由を書いていきたいと思います



このサービスが良いと思う理由

とにかく体力がいる

退職の話をしたことある人は分かると思います

とにかく体力がいるんです

まず上司に話すタイミングを伺わないといけない、人数が少ない事務所だと他の人が気になる

なんてことがあります

話した後もすぐ承認してくれるとは限りません

更に引き継ぎやら引きとめの攻防を思うと先が思いやられます・・・

僕が言い出した時期ってちょっと特殊な状況で、人手不足もピークの時でした

それ故に話の進め方を後悔した経験もあるので第三者に任せるのは大賛成です

味方がいなくなる

ブラック企業の場合、人がいないですよね

謎の一体感すらあります

そんな中で辞めると言い出したらなぜか「あいつは裏切った」とか「逃げた」と吐く輩がいるんです

冷たい目で見られる、なんてこともあるでしょう

そんな精神的苦痛を味あわなくていいと思うとやはり良いサービスだなと思います

割り切れる

退職に大事なこと、それは割り切ることと考えております

第三者に委託することで、”確実に退職業務を遂行する第三者”と”ただただ辞めたいという気持ちは確かな自分”と手分けして話を進めれる

これって凄く大事です

退職に必要な業務をこなす中で情が沸く瞬間があるんです

でも”辞める”という自分の行動の選択に感情が混じるとうまくいかないんです

それは辞めることを辞めてしまったりいたずらに時間を浪費することに繋がります

そういったことから、割り切ることで辞めるという目的を徹底的に優先できるので良いサービスだと思います

ビジネスモデルも面白い

存在はネットの記事などで読んで知っていたのですが調べるとビジネスモデルも面白いなと思いました

この会社が掲げるビジョンに

個人と会社は対等であるべき

とあります

てっきり「個人は守られるべき」とか「個人に自由を」など”個人の味方感”を前面に出してくるかと思いきや、あくまで個人と会社は平等だよと説いています

更には

個人だけでなく会社への人事コンサルティングもビジネスモデルに組み込んでいるんですね

ブラック企業が悪いと攻撃するのではなく、あくまで目線をフラットにして企業へのサポートもする

そのスタンスが、僕は凄く面白いと思いました

退職を手伝って終わるのでなく、企業が、どこが問題か分からないのであればその手助けをしてあげるのは日本の労働環境の改善にも良い影響を与えるのではないかと思います

こういうサービスを使ってでも辞めよう!

会社を辞めることは不安がつきまといます

が、辞めれないことで自殺するだとか鬱になるなんて結末は最悪です

料金も安くないので自分だけで退職できるに越したことはありませんが、少しでも暗雲立ち込めたならば最悪の結末になる前に利用を検討されてみてはいかがでしょうか

住まいや引越し費用も安くないので金銭的負担は増えますが、命には代えられません

まとめ

凄く素晴らしいサービスとは思うのですが、そもそもこういうサービスを使わないと辞めにくい日本の労働環境が問題です

ゆくゆくは気兼ねなく退職ができるようになり、こんなサービスを利用する人がいなくなる

それまでは退職を希望する個人のセーフティ機能として、どうしたら人材流出を抑えれるのか真摯に向き合おうとしてる企業のサポート役として活躍してくれることを願ってます