営業のススメ

こんにちは、平々凡々営業マンnaffstyleです

過去の記事では「営業って辛いイメージあるけど意外とそうでもないんだよ」みたいなことをつらつらと書きました

営業暦8年目の普通のサラリーマンです 今回書くのは営業という仕事をしてきて良かったこと、悪かったこと(=後悔をしたこと)が何点...

いやいや、分かった。と

じゃああんたにとって営業ってどうなのよ?と

どういう人が向いてる向いてないのよ?と

そんな疑問に対して僕なりの意見を書いていきたいと思います

はじめに

長所は短所みたいなことをいって大変恐縮なのですが”こんな人に向いている=こんな人でなければ向いてない”になってくるのかなと思います

僕は将来、警察官になって人々の役に立ちたいんだ!

これからの時代、趣味が仕事になる時代!好きなことで生きていく!

向いてる向いてないが気になるということは、この人たちのように

「明確にこんなことを使命感もってやりたい!」という段階でなく

「営業ってどうなのかな?」「楽なのかな?」と決めかねてる段階かと思います

僕が思いつく「こんな人だったら営業ってそれなりには楽しいのではないだろうか?向いているのではないだろうか?」というポイントを、やれコミュニケーション力が高い人だのやれ細やかなフォローができるだの今まで言われ尽くされてきた表現とは違った捕らえ方で羅列していこうと思います

ところで経験した営業ってどんな仕事内容だったの?

最初に就職したのは、案件の受注が主でその片手間に見積や管理(現地確認)をするような仕事内容でした

ほとんどルート営業で飛び込みはなかったです

給料は固定だったのでぶっちゃけ一生懸命になって営業する必要なし

ただ月1の営業会議での追い込まれ方が半端ない

目標数字を構築できてたら「うむ、通ってよし!」状態

できてなかったらゴマをするようにすりつぶしてきますマジで

次の転職先は簡単な見積作成はありますが、数分でできるので100%営業の業務だけという感じです

社内的にはルートだけどお客様からしたら飛び込み営業

歩合なので数字できてないと自分の内側から煮えたぎるように「やばい・・・・」という思いが沸きあがってきます

逆に会議もなく、できてなかったらがんばれ~って感じ

同じ営業といえど会社によって風土も考え方も違う

前も書いた通り同じ営業でも会社によって風土や考え方が違うので、営業本来の辛さとごっちゃにしてはいけないです

中にはノルマらしいノルマもなくただルートで廻り続ければいいような営業もあるんじゃないでしょうか

業種が違う、会社が違うだけで同じ営業でもここまで内容が違うので「ブラック企業かどうか」「自分の労働量に給料が見合うのか」しっかりと調査して転職に臨みたいです

コミュ力ないから辞めとけは間違い?

よく言われる営業に必要な性質

①コミュニケーション力が高い
②清潔感がある
③まめである
④フットワークが軽い
⑤肉体的、精神的にタフである

 こんなところでしょうか

ただこれってちょっと待ってください!

①~④ってもっともらしいこと書いてあるけど実は、お客様に好かれやすい人物像でしかないっ!

実際全然まめじゃないのにお客様に好かれて、それなりに成績を上げてる営業マンなんてたくさんいました

他にも口下手で飲み会も嫌いだけど営業次長なんて方もいました

というように、意外と皆様の考えに反して営業に向いてる性格はそこまで厳格に決まってるものでもないのかもしれません

僕が考える営業に向いてる人

①会話に夢中になれる

コミュニケーション力というとまったく弾まない話すら無理矢理引き込めるカリスマ性みたいに聞こえますが僕はそこまでは必要と思いません

お客様に対して、会話に夢中になれればそれで十分と思うんです

それが99%仕事の話でもです

だってビジネスをしにきてるのですから

②愛嬌がある、隙をみせれる

まったく隙のない愛嬌もない人物こそお客様は警戒しそうです

間違えたら「すみませーーーーん!!!」と平謝りできるくらいの隙があったほうがいいと思いませんか?

ここで言い訳したりするような人も同様です

言い訳って自分の失敗を隠す=隙を見せたくない人がすることですし

③戦略を考えるのが好き

前の記事で僕は営業のトークを山登りに例えました

どちらの営業でも共通してるのは

”お客様が首を縦に振るまでのプロセスと道中のアプローチを考えて、戦略的・計画的に実際に会って、実践する”

ということです

これが実現したときにはやっぱり楽しい

将棋などで勝ち筋を考えることは得意ではないですが、好きなのでこの仕事を楽しいと思えているのではないかと

④八方美人になれない

転職ではこれが大きい理由になりました

前職が営業で社内政治が面倒になったら出れたのに、ずっと事務で必然的に巻き込まれるってしんどそうだなぁ・・・・

と思って最終的に営業を志望

社内政治が原因で精神負荷かかってるって人も多いのではないでしょうか?

⑤とはいえやっぱり少しはストレス耐性強め

なんだかんだお客様の矢面に立つ仕事ですからね・・・

自分のミスは自分で責任を取らないといけないし謝らないといけないです

事務員の不平、不満を「おなしゃーーーっす!!!」で乗り切らないといけない時もあります

社内政治には干渉しなくていいけど別のベクトルからのストレスが強いってことで・・・・

⑥これって必要ないの?

小まめである

よっぽど忘れやすかったり雑だと致命傷になるけど必須かと言われるとそこまでな気がします

電話がかかって思い出す、3流営業マン止まりになっちゃうけど

清潔感

業種によっては髪ぼさぼさで命削ってる感を出したほうが好感されるケースも稀にある

押しの強さ

いざというときには必要だけど鬱陶しがられる場合もあるので・・・

まとめ

皆様イメージ通りだったでしょうか?

一概にコミュニケーション力やお客様に好かれることが必要といっても僕は言葉の意味ほど重要でもないと思ってます

上で取り上げた次長なんてお客様の誘いなのにがっつり断ってましたからね

自分を知ってもらって、素を出せる時には素を出して、疲れたときにはちょっと昼寝して、起きたらまた顔を見せにいって

営業ってこんな感じなんじゃないかなーって思います